今日もツイてる!私、あなた

ブラック業界企業に勤める私が、できるだけ人生を無駄にしないように、いろんなことに取り組むブログ

陰嚢湿疹の巻(汚い表現あり、閲覧注意)

いつからなのかは、覚えていませんが、

今特に私の日常を蝕んでいる事があります…。

 

男性特有の症状

陰嚢湿疹です。

 

 

◾️陰嚢湿疹ってなんですか?

陰嚢とは…いわゆるキンタマに他なりません。

なんらかの原因でキンタマ袋がとにかく痒くなり、その威力は身をよじるほどです。

欲望に負けて掻いてしまえば、

一時的な快感にも似た落ち着きを取り戻せますが、

しばらくするとまた猛烈な痒みが戻ってきます。

 

 

◾️症状は?

①痒み

上に書いた通り、

猛烈な痒み(かゆみ)を引き起こします。

掻きたくても、人前では掻けないのが悩みのタネとなります。

掻いているところをもし人に見られれば…

…特に、職場なんかで見られた際には

たちまち時の人になってしまうことでしょう。

 

②カサカサ皮が剥がれる

また、

掻く事によってキンタマの皮がボロボロと剥がれて、

雪でも降ったのかと言わんばかり

周りにボロっボロの細かい皮が積もります。(死) 

 

③出血と痛み

さらに、

掻いた跡が血と汁にまみれて

ヒリヒリ…チクチク…ジクジクします。

 痛いのに、痒い、痛いのに、痒い

その繰り返しになります。

 

④変色と異臭

そして遂に、

キンタマの色が変化します。

焼けただれたような色謎のつやを放ち、

所々、皮が剥がれかかったようになり、

汁気を帯びる用になると一人前です。

ここまでキテる方は、

もう陰嚢湿疹の虜とも言える状態です。
ようこそ陰嚢湿疹の世界へ!(死)

 

 

⑤注意散漫

私がかなり危惧している症状が注意散漫になることです。

特に運転中に異様に痒くなる事があります。

気が散って事故でも起こしたら本当に大変な事です。

また、人との会話中、会議中、歩いてる時、何かを鑑賞している時など、

謂わばいつでもお祭り状態で痒いです。

これでは、健康で文化的な生活は難しいとも思えます。

 

 

◾️原因は?

これらの症状に悩まされている方はもちろん、

まだ発症していない男性の方も、

他人事ではありません。

直ぐにでも、原因の抽出と対策案の構築をしたい所ですが…

実は原因はよくわかっておりません。(私だけが)

 

…なんだよ!と思った方すみません。。

ただ私もこの症状に悩まされて、

もう恐らく10年以上経ちました。

この年月で私なりにわかったことをサラッと書くと、

 

①酒を飲んだ次の日はとんでもない痒さになる

②セックスの時、女性の愛液がマジで痒すぎて辛い

③名前こそ違うものの、症状はアトピーに近い

 

上記の3つです。

 

羅列してみると

大したことわかってねぇじゃん!!

 

と良くお分かりになることでしょう。

 

一緒に(誰と?)勉強して行きましょう!

 

既に陰嚢湿疹になられてる方、

いい情報があれば教えてください!

お待ちしております。

 

◾️対策案

ネットで調べた結果…

 

①掻かない

…いや、無理だろ?

と即答してしまいそうな対策案。

しかし、

あの手この手を使ってこれを実践しなければ

希望の夜明けは訪れないのです。 

掻きむしったあとの汁が、

さらなる痒みを呼び寄せると言います。

 

そんな悩める僕らのために、

痒み止め薬が多く発売されております。

これから色々と試して行きたいなと思う。

 

②蒸れない下着着用

因果があるのかはさておき、

蒸れていいことはないでしょう。

蒸れて更に痒いことも…?

ボクサーパンツ派が多数派となった今、

トランクスに履き替える必要があるでしょうか。

 

ステロイド

副作用も噂される薬剤。

その正体は、神薬か、諸刃の剣か。

なんせ使用する勇気がでないです。泣

 

④腸内環境改善

最近気になっているのが腸内環境因です。

アルコールをとった次の日に痒みが酷くなるという点では、

切っても切り離せない要素になるかもと思ってます。

しかし、普段からそんなにバランスの悪い食事をしているつもりはないので、

要因の追求も必要そうです。

 

◾️さいごに

サラッと思うままにここまで書いてみました。

少なくとも10年以上はこの苦しみを味わってきていますが、

本腰をいれて、改善に取り組んで見ようと思います。

色々な詳しいサイトもありますが、

ひとつひとつ実践で検証していければなと思います。